無痛分娩はママに優しい出産方法|負担を軽減

女医

食事やサプリでバランス

妊婦

妊婦になると、初期には悪阻によって食事を満足に摂れない人が出てきます。このため、栄養バランスも乱れがちになり、健康な妊娠生活を送ることが難しくなります。まずは医師に相談することや、健康食品などで食べられるものを利用するとよいでしょう。

More...

妊娠中に必要な栄養とは

男性医師

妊婦が必要なカルシウムの量は一日に900mgと言われています。しかし、カルシウムを効率よく吸収するにはキノコ類などに多く含まれているビタミンDも摂取する必要があります。牛乳が苦手な人の場合は無理に飲もうとせず、木綿豆腐や厚揚げなど他の食品で摂るようにしましょう。

More...

昔から行われている方法

治療中

不妊検査を受けても特に原因が無いのに妊娠出来ない方や不妊治療を受けているのに結果が出ないという方には鍼灸院での治療をお勧めします。東洋医学では西洋とは全く違う角度からの治療で、体質改善を行うことで妊娠の確率を上げます。

More...

分娩の方法

男女

気になるあの分娩とは

京都には無痛分娩を取り扱っている病院があります。無痛分娩のメリットは、痛みによるストレスを軽減できるため赤ちゃんへの影響が少なくなり苦しくないと言われています。また、陣痛による体力が消耗されることが少ない為リラックスして産むことができ、産後の回復も早いとされます。しかし無痛分娩にはデメリットもあります。陣痛促進剤を使用し、麻酔による合併症のリスクがあり、費用は自然分娩よりかかります。京都には無痛分娩を実施している病院が数件あり、費用は病院によって違うので評判なども含めて選ぶといいでしょう。また、無痛分娩を扱っているから良いのではなく、出産へのこだわりを聞いてくれるかどうかも確認して理想のお産ができる病院を選びましょう。

知っておくべき分娩方法

出産には様々な分娩方法があり、その中の一つに無痛分娩があります。欧米では主流の分娩方法となっていますが、日本ではあまり行われていません。しかし、無痛分娩は陣痛による体力消耗を防ぎ、痛みや不安を和らげることができるので、とても素晴らしい出産方法なのです。このため妊婦さんがリラックスできるので赤ちゃんも苦しくなりにくいことが多いのです。陣痛の痛みにより産道の筋肉が硬くなり難産になってしまうかもしれませんが、無痛分娩だと落ち着いて出産できるので赤ちゃんが産道を通りやすくなり、スムーズな分娩ができます。京都には痛みのないお産ができる無痛分娩を手掛けている病院があります。9割以上の方が満足されて再び利用するママが多い病院もあり、途中から無痛分娩に切り替えることができる病院も京都にはあります。通常は計画分娩で行われますが、陣痛はいつ起こるかわからないので24時間麻酔医が対応している病院がおすすめです。