昔から行われている方法|無痛分娩はママに優しい出産方法|負担を軽減

無痛分娩はママに優しい出産方法|負担を軽減

ナース

昔から行われている方法

治療中

東洋医学での治療

子供を産みたいというのは母親の切なる願いです。現在妊活に取り組んではいるが中々良い結果を出せないという方が多くなってきています。病院で不妊検査を受けたけれど特に原因がないのに妊娠に至れない、卵子の空砲が続く方や移植しても着床出来ないという方には鍼灸院で不妊鍼灸を受けることをお勧めします。東洋医学では昔から不妊を治すことに対応してきました。不妊は腎虚と言う腎の機能が低下している状態で、腎虚を治すことが妊娠につながります。鍼灸院では腎虚の原因である冷えを取り除くためにお灸を使い、腎の働きを整えるツボを打ちます。また鍼灸院ではその他にも食事や運動などの指導なども行っており、通常週一回くらいのペースで治療を行います。

実際に行う事など

医師から高齢という理由で妊娠出来ないと言われた方でも鍼灸院で治療を行って体質改善した結果、40歳を過ぎている方が妊娠した例もあります。不妊の方は生理不順やPMSなど普段から不調を感じている方が大多数なので鍼やお灸で冷えを解消して体調が良かった頃に戻すだけでも妊娠の確率が上がります。実際の治療に関しては鍼を刺すことの痛みやお灸の熱さなどに不安を持たれる方が多いと思います。鍼は最初のちくっとする痛みは少し感じますが、それ以上のことはありません。最近ではごく細い鍼を使うところもありますのでより安心です。またお灸も火をつける物なので熱さは感じますが、もぐさが皮膚に直接触らないような方法を使いますので我慢出来ないほどの熱さになることはありません。